お知らせします。

特別講座について連絡します。

プリントメイキング専攻では9月2日・3日・4日の三日間特別講座を実施します。

特別講座は一年生対象です。

二年生は関係ありません。

------------------------------------------------

9月2日(月)

ポートフォリオと資料整理

時間:13時ー17時

場所:B302

------------------------------------------------

9月3日(火)

画廊

時間:10時ー17時

場所:B302 集合、その後大阪市内の画廊を巡る。

注意点:歩きやすい服装、及び日焼け対策が必要かも。

    小雨決行。

------------------------------------------------

9月4日(水)

美術館

時間:10時ー17時

場所:兵庫県立美術館・横尾忠則美術館見学

集合場所・時間については後日連絡します。

------------------------------------------------

2013/08/28

(村長)

 

この夏の日照りと水不足、異常な高温で、プリメ農園の落花生とパセリが全滅しました。

プリメ村の看板パキラも、息絶え絶えの状態です。

しかし、ミニミニミニ盆栽鉢に植わったこいつは元気です。

すごい!

2013/08/28

(村長)

iPhoneでの画面表示
iPhoneでの画面表示

 プリメ村のホームページはKDDIの[ jimdo ]を使っています。

これまでパソコンからしか書き込みができなかったのですが、最近iPhoneからでも書き込みができるフリーソフトが作られたようです。

村長もiTunesからダウンロードしてみました。

(調べてみたら、どうもiPhone以外のスマートフォンでも可能のようですね。)

 

これがその画面

jimdoで個人のホームページを作っている村民諸君、朗報です。

2013/08/26

(村長)

 

中国(韓国・日本も)には抜罐療法(ばっかん療法)という民間療法があって、知識としては知っていましたが、実際にこれに触れたのは初めてです。

「康鈴真空抜罐器」・・・頭痛や肩こりで困っている村長を気遣って、留学生の漢さんがプレゼントしてくれたのです。

漢さん、ありがとう!!

 

村長の幼い頃、自宅に丸い形をしたガラスの器具があったのを覚えています。

両親が使っていたのですね。

その当時の使用方法は↓

丸い広口瓶の中に燃えるマッチを放り込み治療部分の皮膚にかぶせる。

マッチが消える。

そうすると膨張していた中の空気が収縮し始める。

皮膚を吸い上げ悪い部分の刺激を行う。

これにより、汚れた血液が排出され血行が良くなりこりをほぐし、美容痩身効果もあるというものです。

 

漢さんからいただいた「康鈴真空抜罐器」は火を使わないポンプ式のものです。

で、早速漢さんに処置してもらいました。

予想以上にコワイ状況でビビリましたが、肩は楽になりました。

村長室に置いていますから、試したい人は声をかけてください。(*^^)v

2013/08/25

(村長)

 

 

 

今日は卒業生の那須(旧姓・鷲岡)晴美さんと稗田(旧姓・森下)麻衣さんがプリメ村に立ち寄ってくれました。

稗田さんは一人息子の健一郎君(3歳)と一緒です。

2001年の卒業生ですから、もう12年間も経ってしまったのですね。

本当に早いなあ。

いつまでも忘れずに村に帰省してくれるのは村長にとってもうれしいことです。

今は二人とも立派な「おとな」になって幸せそうでした。

健一郎君に絵を描いてもらったので、ここで紹介しますね。

3歳なのにもう文字も書けます。

賢いなあ。

2013/08/23

(村長)

 

 

昨日、プリメ村の出身のお二人が勤務している「シンコールインテリア株式会社・大阪企画室」さんを訪ねました。

青いシャツ姿が金谷彰夫企画室課長、右端が浮田友紀さんです。

金谷さんはもう20年も勤めておられますし、浮田さんも今年で3年目のベテランです。

一度お邪魔したいと思いながらなかなか伺えなかったのですが、今年村を卒業した野村菜乃佳さんとともに訪問することができました。

------------------------------------------------

企画室の様子と仕事内容を浮田さんから説明していただきました。

もうすっかり社会人の浮田さんの説明は要領を得てわかりやすく、商品企画の仕事のおもしろさが伝わってきます。

広い企画室は、写真のように資料が展開されていて、まるで作家のアトリエのようです。すべての資料が一瞥してわかります。一見雑然としていますが、見事に整理されていて、見たい資料がすぐに見ることができます。非常に視覚的な資料整理だと関心しました。

文字で検索するのではなく目で検索する・・・というような感覚です。

いつも斬新なアイデアで企画をされているシンコールインテリアの脳内を見るようでした。

金谷さんと浮田さんのますますの活躍を期待します。

 

 

↑ ワンクリック
↑ ワンクリック

企画室をパノラマ撮影してみました。

カッコイイ仕事場です。

金谷さんが左端に座っています。

なお、金谷さん個人のFacebookで独自の視点でいろいろなものを提案してます。

とても興味深いです。

覗いてみて下さい。

https://www.facebook.com/kanataniakio?ref=profile

2013/08/23

(村長)

 

皆さんお元気でしょうか。

夏休みも半分過ぎてしまいましたね。

村長は先日能登半島に行ってきました。

向こうは涼しいかと思っていたら関西と変わらず酷暑で汗だくの毎日でした。

何枚か写真を撮りましたが、おもしろい風景が結構ありました。

この写真は鴨ヶ浦海岸にある海水プール。

プールの底は岩がむき出しで、ゴツゴツしています

 

村民のみなさん、畑は23日から開きますが、残りの夏休み、体調を崩さないように有意義に過ごしてください。

 

2013/08/18

(村長)

 

もう30年以上前から取引のある「クラタ商店」から、ウオーターレスリトグラフにも使えるラバーベースの平版インキを入手しました。

2013/08/08

(村長)

 

 

今日の山村留学は「ハンコ屋さん」でした。

8名の小中学生、1人のおとなの留学です。

自分だけのオリジナルハンコを作りました。

ハンコはトートバッグにスタンプして、これまたオリジナルトートバッグができたのです。

子どもたちのパワーに圧倒された一日でした。

子どものエネルギーは有り余っている。

原子力を止めて、子ども発電所を作ったらいい。

2013/08/06

(村長)

 

今日、プリメ村では「びせんの子ども+おとなアート教室2013」「手作り写真館」を開催しました。

参加小学生は10名。

ピンホールカメラで楽しく楽しく遊べました。

2013/08/05

(村長)

 

 

びせんの こども+おとなアート教室2013

https://www.bisen.ac.jp/shcool/artschool/index.html

 

8月6日(火)実施の「はんこ屋さん」の制作実験をしました。

自分のオリジナルはんこを作る教室です。

商品名「プリンタイト」という新材料を使います。

一昨年から田中朝子先生のメディア演習で使用しているものですが、今回「こども+おとなアート教室」でも使ってみることにしたのです。

 

写真は、illustratorの「矢印」の中にある指さす手です。

色んなところに捺したらおもしろそうな気がします。

2013/08/02

(村長)

 

プリメ村のプチポスターを作りました。

「版画・2点展」会場に掲示するためです。

 

明日はキャンパス見学会をはじめ、デッサン教室や、こども+おとなアート教室など、行事も目白押しです。

外部からのお客さんにも観て欲しいものです。

2013/08/02

(村長)

【おしらせ】

 ------------------------------------

大阪美術専門学校  総合アート学科  プリントメイキング専攻のオリジナルホームページ「プリメ村」は名称を変更し、2016年4月1日より、新しく「版画工房 B302」としてスタートしました。

なお、「プリメ美術館」はそのままの名称で展示をしています。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 ------------------------------------

版画工房 B302

http://printmaking-bisen.jimdo.com/

 

プリメ美術館

http://purimemura.wix.com/purimemura

 

 

 

 

 

 

 

 

ⓒ 2012 Purimemura