お知らせします。

↑ 山路さんの作品 「青のイコン」 
↑ 山路さんの作品 「青のイコン」 

 

2013/01/04 に紹介した 銅版画工房・山路 がネット(“どーなってる?! 東大阪”)で紹介されています。

主宰者の山路法子さんは、銅版画で美しい色彩の作品を発表しています。

作品も掲載されているので、今すぐ、覗いてみよう!!

 

ここ←クリック

 

←優秀賞

久保永 美沙


[ばあちゃん(写真集・80冊)]

[おかえり(パネル作品6点)]

オフセット・シルクスクリーン

 

 

今日、全校での卒業・修了制作の審査がありました。

過疎のプリメ村からは、芸術研究科の みさ と二年生卒業制作賞の なのか が審査対象として出品しましたが、みさが優秀賞、なのかが校長賞を受賞しました。

おめでとう!!

 

昨年夏の滋賀県立近代美術館ミニギャラリーでの個展を機に、各自のテーマがはっきりしてきたと思います。同時に、作品を「つくる」だけではなく、「見せる(コミュニケーション)」ことについて考えることができました。

その結果として今日の受賞に結びついたのだと思います。

完成度の高い作品でした。

本当におめでとう!!

 

←校長賞

野村 菜乃佳


夢流

夢道

夢時

以上、3点

エッチング・シルクスクリーン

 

 

 

 

 

2013/01/29

(村長)


オークション展。
オークション展。

昨日はほたるまちキャンパスにて行われている大阪芸大グループ学生作品オークション作品展の受付係に行って参りました。

プリメ村からは、なのか、みつき、かおりん、みさ、村長が参加しています。

よろしければぜひご高覧ください!

 

1月26日(土) ー 2月3日(日)まで(会期中無休)

11時 ー 17時まで(入場は午後30分まで)

大阪芸術大学ほたるまちキャンパスにて

 

〒553-0003 大阪市福島区福島1-1-12

ほたるまちキャンパス(3F)

■JR 環状線「福島駅」より徒歩約10分

 

2012/01/28

(広報課長)

 

 

コーラが大好きな廣瀬君。
コーラが大好きな廣瀬君。

廣瀬 敦史 (ひろせあつし)くんです。

今日、久し振りにプリメ村に立ち寄ってくれました。

卒業してからもう5年くらいかなあ。

プリメ村を卒業して、大阪芸術大学に編入し二年間銅版の勉強をして卒業しました。

彼の画風は、とても細やかな線でのエッチング技法による細密描写の作品です。

また新作を持って訪れてくれるそうで、楽しみにしています。

新作は、この「プリメ村」でも掲載する約束をしてくれました。

これからもますます頑張ってください。

2013/01/25

(村長)

毎週水曜日はリトグラフの授業。

グラフィック町とコミニュケーション町からも町民がやってきて、とっても賑やかで、楽しそうです。

昨日は最後の授業で、みんなで合評をしていました。

PS版とコラグラフでカラフルで、個性あふれる作品たち!

 

グラフィック町とコミニュケーション町のみんなまた、プリメに来てね♡

 

2012/01/24

(広報課長)

広報課長がバイト先からいただいてきた鏡餅。

へび年だから蛇のキャラクター付き。

しかし、目が「プリメくん」ではないですか!!

プリメ鏡餅としてパソコンの上に鎮座しています。

もう、鏡開きは過ぎたけど・・・。

2013/01/21

(村長)

 

今日は卒業・修了制作の審査でした。

プリメ村の作物は今年も豊作!

またしても、乞うご期待!!

2013/01/18

(村長)

広報課長の写真集「ばあちゃん」が刷り上がりました!!

乞うご期待!!

2013/1/17

(村長)

今日から授業が再開しました。

休耕していた畑に行くと、なんと農園のミツキちゃんが芽を出そうとしています。

 

 

年末に植えたジャガイモも芽を出していました。

広報課長にいただいた芋で、「ミサちゃん」と名づけました。

プリメ村農園も春近しです。

 

2013/01/07

(村長)

 

今日村長は、石切神社に初詣に行ってきました。

神社の近くに銅版画工房・山路があります。

山路法子さんが主宰しています。

山路さんはプリメ村出身の版画家ですが、石切神社の近くにアトリエ兼工房を構えています。

以前からここにお邪魔しようと思いながら果たせずにいましたが、今日ようやく見学させて頂きました。

山路さんにも久しぶりに会うことができてうれしかったです。

とても広い工房です。

しかもプレス機が二台もある版画工房です。

きれいです。

残念ながら、写真撮影を忘れたので看板だけ紹介します。

内容はホームページがあるのでこちらも見てください。

一般の方を対象に教室をしたりアトリエを開放したりしておられます。

この場を借りてコマーシャルしておきます。

2013/01/04

(村長)

 

今年も年賀状をもらいました。

卒業生の方からのものも多いです。

 

その中に「もりみ」ちゃんの封書年賀がありました。

見覚えのある封書ですが、そこには

 

プリントアートの力

鎧 靖代

森 美穂

西澤 裕輝彦

1993年1月11日-1月23日まで

大阪美術専門学校展示ホール

 

と書かれてあります。

当時のプリントメイキング芸術研究科生の展覧会案内状そのものでした。

中にはこれまた三人の名前とそれぞれの指紋がデザインされた招待状が入っていました。

コピー紙にシルクスクリーンで刷ってあります。

コピー紙にシルクっていうところに時代を感じます。

1993年といえばなんと今から20年前です。

 

この中の 森 美穂さん が「もりみちゃん」です。

今は結婚して別性になっていますが・・・ああなつかしい。

 

1月11日-1月23日って、修了制作の審査間際ですよ。

こんな余裕があったんですね・・・。

 

 

 

 

 

三人のDM(ポストカード)が入っていました。

あのときの案内状そのままを、今年の年賀状として送ってくれたのですね、もりみちゃんは。

差出人住所も、当時の彼女の住んでいた松原市になっていて、徹底したタイムスリップを狙っています。

 

このとき、このカードを各自1000枚印刷しました。

もりみちゃんは、それ以来このカードで僕のところへ年賀状をくれるようになりました。

20年間同じデザインの年賀状です。

はがきだけが歳をとらないで、僕たちだけが歳をとっていく・・・。

そう、村長はもう60歳、もりみちゃんもあれから20歳 年を加算したのです。

つい最近のことのようですが、20年の歳月が・・・。

感無量です。

 

それにしても、この案内状セットをまだ大事にもっていてくれたことに感激しました。

 

  2013/01/02

(村長)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

 

昨年2月から始めた この「プリメ村」も無事 年を越すことができました。

皆様のご協力のおかげです。

ありがとうございました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

「プリメ村」は、昨年12月には美専ホームページの中にもリンクされました。

これを機会に見知らぬ人たちが、プリメ村に訪れて頂けることを願っています。

村のいいところを全世界に向けて発信していきましょう。

 

さて、来る1月7日からプリメ村の畑仕事が始まります。

卒業・修了該当村民は18日の審査に向けて最後の追い込みです。

1年生村民も悔いが残らないようにがんばってください。

 

今年も明るいプリメ村を作っていきましょう。

 

2013/01/01

(村長)

 

 

 

【おしらせ】

 ------------------------------------

大阪美術専門学校  総合アート学科  プリントメイキング専攻のオリジナルホームページ「プリメ村」は名称を変更し、2016年4月1日より、新しく「版画工房 B302」としてスタートしました。

なお、「プリメ美術館」はそのままの名称で展示をしています。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 ------------------------------------

版画工房 B302

http://printmaking-bisen.jimdo.com/

 

プリメ美術館

http://purimemura.wix.com/purimemura

 

 

 

 

 

 

 

 

ⓒ 2012 Purimemura