WebにLogする。

今日は一年生の版画Ⅲの授業に潜入!

おやおや、元気いっぱいの声が聞こえてきましたよ。

グラフィック町とコミニュケーション町の町民も一緒に授業を受けており、賑わっております。

おっ!リトグラフをしていますねぇ〜。

 

とっても楽しそうに作業をしていました♪

2012/10/24

(広報課長)

 

ちょっと息抜き。
ちょっと息抜き。

天然な青年団長としっかり者の駐在所長のお二人。

ナイスなコンビです。

青年団長は木版をモクモクと、駐在所長は銅板をカリカリと、作業をしています。

ちょっと一息。

 

2012/10/23

(広報課長)

プレゼンテーションⅠの授業で学外に出ました。

「さいころの旅」と題して、あらかじめ決めた見学地点をさいころを振って決めながら目的地を回るというもので、美術促進課係長の企画です。

地方からやってきた「大阪に住んでいながら大阪を知らない」村民のためにも、歩いてその空間を知ること。歩きながら作品制作のために必要な材料を売っている店を中心に、新今宮から西梅田まで歩くというものです。

日頃は地下鉄やJRで移動している大阪南北の位置関係と距離感を、身体を持って知ることができたように思います。

時間の都合で、目的地の一つでもあった「シモジマ」に行けなかったのは残念でした。

ともあれ、プリメ村・秋の遠足のような楽しい一日でした。

2012/10/22

(村長)

村民企画で、野田先生の誕生会がありました。

おめでとうございます。

ささやかでしたが、こんな雰囲気のプリメ村をいつまでも大事にしていきたいですね。

これからも、みんな仲良くやりましょう!!

2012/10/15

(村長)

 

人間・林弘之氏
人間・林弘之氏

「プリメ村」ホームページの常連訪問者 発見!!


「プリメ村」の訪問者は一日平均十数名です。

そのうち村長は三回訪問しています。

自宅パソコンと学校パソコン、それにiPhoneで、です。

ですから、村長以外の訪問者は十名に満たない時もあります。

でも、コンスタントに誰かが見てくれているのです。

ありがたい。

存在を認めてもらえることが、人間にとって一番うれしいことです。

 

そんな中、今日は偶然村長の学生時代の先輩、林弘之さんにお会いしました。

林さんとはもうかれこれ30年以上もお会いしたことが無かったのですが、なんと今日堺市立文化会館ギャラリーの泉茂展を見に行って再開しました。

そして、な、なんと!その林さんが「プリメ村」の常連訪問者でした!!

感激です。

頭髪も村長と同じ「ショートカット」だったのも驚きでした。

 

人間は20歳で自我に目覚め、40歳で成人(大人になり)し、60歳で人間になり、80歳で人生と世を悟る。というのが村長の20年単位理論ですが、林先輩はすでに「人間」になっておられました・・・。

そして、村長は来年人間界に行きます。

2012/10/14

(村長)

で、まあ昨日は縫い針講座「応用編」と言うことで、ぬいぐるみ(ティディベア)を作ったわけですんやわ。

今回も講師は美術促進課係長。

係長自ら、フェルトを型紙通りに切断して用意してきてくれて、裁縫作業に専念することができたってわけね。

で、できたのがこれなんすけど・・・。

村長のは猫背になってしまったし、稲作は天真爛漫で、美術促進課係長は几帳面な熊さんになってしまったわけよ。

石膏デッサンが自分の顔に似てしまう・・・みたいなことかねえ。

何で似るんやろう?

不思議やなあ・・・。

2012/10/10

(村長)

 

縫いものをしました。

手縫い・・・、昔に比べたらずいぶん少なくなったのではないでしょうか。

やってもミシン。

手縫いなんて極少数派。

しかし、手縫いは裁縫の基本。

ボタン付けぐらいはできないと・・・。

そんなわけで、今日はぞうきんを縫ってみました。

講師は美術促進課係長。

6枚の手縫い雑巾ができました。

皆さん大事に使ってください。

2012/10/02

(村長)

【おしらせ】

 ------------------------------------

大阪美術専門学校  総合アート学科  プリントメイキング専攻のオリジナルホームページ「プリメ村」は名称を変更し、2016年4月1日より、新しく「版画工房 B302」としてスタートしました。

なお、「プリメ美術館」はそのままの名称で展示をしています。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 ------------------------------------

版画工房 B302

http://printmaking-bisen.jimdo.com/

 

プリメ美術館

http://purimemura.wix.com/purimemura

 

 

 

 

 

 

 

 

ⓒ 2012 Purimemura