お知らせします。

11月と12月のトップ。

ちょっと違うばぁちゃんなのでした。

お気づきでしたでしょうか?

 

2012/12/30

(広報課長)

 

↑ クリック
↑ クリック

厄年についてこれまで気にしたことも無かったが、こんな表を見つけたので村民の皆さんにもお知らせしときます。

 

村長は昭和28年生まれなので、来年は「本厄」らしい。

今年が「前厄」とは知らなかった。

体調が悪くなり始めたのはこのせいかしら・・・(T_T)

 

男性は242526414243606162歳。

女性は18・1920・323334・36・37・38歳が「厄」に該当するらしい。

村民の中には該当者もおられるでしょう。

気にする人は気にして、注意しましょう。

気にしない人は放っておきましょう♪

来年の話です。

-------------------------------------------------------------------------------------

やくどし【厄年】

① 災難に遭うことが多いので気をつけるべきだといわれる年。

男は数え年の二五・四二・六一歳,女は一九・三三・三七歳などとされる。

陰陽道(おんようどう)で説かれたものという。

厄。

② 災厄の多い年。

年忌み。

-------------------------------------------------------------------------------------

 

2012/12/29

(村長)

無事、届きました。
無事、届きました。

ばぁちゃんの写真集の原稿ができあがりました。

意外と重たい。

学校が始まったら、シルクスクリーンで刷るぞ。

 

2012/12/29

(広報課長)

今朝、発見しました!!

 

美専のホームページリニューアルに伴い、「プリメ村」がリンクされています。


クリック


 

 

トップページからバナーに行くまで、画面が激しく動いて目がチラつき、イライラして落ち着かないけど、みんなプリメ村までたどりついてくれるかなあ・・・。(感想)

2012/12/28

(村長)

 

警察署長にドッキリをしかける青年団長。
警察署長にドッキリをしかける青年団長。

冬休みに入りました。

村の青年団長と警察署長。

二人とも冬休みいかがお過ごしかしら。

 

2012/12/26

(広報課長)

 

プリメ農園ではヒヤシンスを育てている。

名前を「ミツキちゃん」という。

白い花が咲く。

根がだんだん張ってきた。

この冬休みの間、農園に放置することになるが、気がかりだ。

ミツキ、がんばれ!

2012/12/22

(村長)

シンナーで床掃除の小口君
シンナーで床掃除の小口君

今日は「仕事納め」でした。

はたけ仕事終了日です。

日頃お世話になっているはたけを掃除しました。

たまたま遊びに寄ってくれた卒業生、小口智史君も手伝ってくれました。

今日は床掃除がメインです。

きれいになりました。

プリメ村のはたけさん、来年またよろしくお願いします。

2012/12/20

(村長)

 

水張りしたシルクスクリーン作品
水張りしたシルクスクリーン作品

授業日が終わっても、プリメ村では制作が続いています。

今日は久保永さんがパネル張り、野村さんが銅版の刷り、木内君は版木を黙々と彫っていました。

今年の工房での作業もあとわずかしかできません。

卒業・修了制作の作品制作は最後の追い込みです。

完成度の高い作品が期待できそうです。

みんながんばっています。

2012/12/18

(村長)

今日は今年(2012年)最後の授業でした。

一年生は写真演習で、暗室作業(引き伸ばし)をしました。

先週現像したフィルムを印画紙に焼き付けるのです。

六つ切りの大きさの作品三枚をしっかり焼く、というのが今日の作業でした。

デジタル写真が全盛ですが、フィルムでの焼き付け作業はフォトショップのいろいろなツールを実際にアナログで体験することにもなります。

目の前で像が現れる様子はデジタルでは味わえない醍醐味です。

2012/12/17

(村長)

 

六つ切りサイズで印画された作品。

 

今日はプリメ村・未成年の部の誕生会でした。

プリメ村美術促進課係長、S澤さん(一年生)の19歳の誕生日を祝う会です。

二年生・研究科の先輩が、卒業制作の手を休め・雨の中・ケーキを調達。

現代美術論の授業が終わるのを待ってのサプライズ企画でした。

みんなで、それぞれの誕生日を祝う風習がプリメ村では定着しています。

いいことだと村長は思います。

過疎の小さな村です。

仲良くこれからもやっていきましょう。

S澤さん、おめでとう。

2012/12/15

(村長)

 

昨夜、プリメ村・成人の部で忘年会が行われました。

二年生・芸術研究科生・昨年度の卒業生・一昨年度の卒業生という3学年による同窓会的な集まりになりました。

成人の会らしく、夜は8時15分に集合ということでスタートし、二時間半くらいの飲み会でしたがとても楽しい時間を過ごすことができました。

改めてみんな仲がいいなあ、と村長は思いました。

仲の良さはプリメ村の自慢です。

店を出てから、さらにカラオケに行く村民もいて 夜はさらに更けていくのでした。

卒業生の皆さん、久しぶりに会えてうれしかったです。

都合をつけて集まってくれてありがとう。

2012/12/15

(村長)

ラジオ体操中
ラジオ体操中

卒業・修了制作も佳境に入ってきました。

神経を集中して作業をしていると肩がこります。

そこで作業の前にラジオ体操です。

最近プリメ村は健康志向です。

2012/12/14

(村長)

きょうは、カナダで作品制作を続けている、岡田翔吾君のお話を聞きました。

岡田君は、二年前の卒業生です。

彼は今帰国していて、先日村を訪ねてくれた折に、今日の約束をしてくれたのです。

今日は村民の他に、卒業生の川崎未貴さんや事務局の延山時子さんもブログ取材を兼ねて参加してくれました。

 

プリメ村・村民憲章に、「5・自分や他人の悪口を言わないようにしよう。」というのがあります。

岡田君はそれをきっちり実践している人です。

それに「自慢」をしない。

今日、話を聞きながら改めて感心しました。

大事なことだと思います、この二つって・・・。


さて、今日はカナダの版画界の様子を聞くことができました。

日本とはかなり違った様相です。

美術界に活気が感じられるのはうらやましいことです。


岡田君は努力の甲斐あって、向こうに行ってから展覧会出品や受賞・アートフェアへの出品など充実した生活を送っている様子です。

作品も売れているらしい。

 

彼は卒業時に「作家になる」という決意でカナダに行きました。

そして今もその夢に向かって努力し邁進しています。

「決心」というのは大切です。

漫然と「作家になれたらいいなあ」というのではなく「作家になる!」という強い意志を彼は持っていることが、今日の充実した生活を支えていると思います。

 

決意することですね。

自分の夢を明らかにして決心することです。

村長はそんなことを今日学びました。

2012/12/13

(村長)


12月に入って卒業・修了制作が切羽詰まってきました。

人類最後の芸術研究科生(研究科は今年度で廃止になったのです)久保永美沙さんがおばあちゃんの写真集作りにがんばっています。

おばあちゃん・・・そう、プリメ村のトップページのおばあちゃんです。

美沙さんはすでにパネルの版画作品を終了し、この写真集に取りかかっています。

A1サイズで二枚印刷屋さんに外注し、自分で刷るシルクスクリーンの写真を加えてA3サイズ16ページの写真集100部を刊行予定です。

自費出版、豪華写真集です。

乞うご期待!!

2012/12/07

(村長)

 

おばあちゃん写真資料など・・・。
おばあちゃん写真資料など・・・。

きょうは「おどる怪物プリンセス  オオカミの涙と少女とフンガーとを観てきました。

満席でしたが、村長は一番前の特等席を陣取って、役者に触れることができるくらいの近い距離での観劇でした。

段差のある舞台ではなく、観客と同じ高さの舞台が、とても新鮮でした。

ストーリーや物理的な空間も、日常と非日常が入り交じり、不思議な時間(2時間近く)でした。

かおりん(衣装担当)の作っていた、帽子や赤ずきんなどがとても重要な小道具として活きていて、縁の下の力持ちの存在がかっこよかったです。

2012/12/02

(村長)

【おしらせ】

 ------------------------------------

大阪美術専門学校  総合アート学科  プリントメイキング専攻のオリジナルホームページ「プリメ村」は名称を変更し、2016年4月1日より、新しく「版画工房 B302」としてスタートしました。

なお、「プリメ美術館」はそのままの名称で展示をしています。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 ------------------------------------

版画工房 B302

http://printmaking-bisen.jimdo.com/

 

プリメ美術館

http://purimemura.wix.com/purimemura

 

 

 

 

 

 

 

 

ⓒ 2012 Purimemura