展覧会のお知らせ


第8階大阪芸術大学グループ

学生作品オークション 作品展示販売

 

大阪芸術大学スカイキャンパス

2015年11月1日(日)〜11月11日(水)

(11月2日・9日 休廊)

1時30分〜19時(入場は18時30分まで)

 

プリメ村からは、鄭安精さんと大崎緑さんが出品します。

 

 

10月13日火曜日に大阪芸大に搬入に行ってきました。

プリメ村からは岡村絵理さん日韓中交流展に。

西﨑大貴くん松下茜さんが、日米版画交流展に出品します。

会期・場所は以下の通りです。

-------------------------------------------------------------------------------------

学校法人塚本学院 大阪芸術大学グループ創立70周年記念

日韓中米国際交流作品展

平成27年10月18日(日)~26日(月)11時~17時

大阪芸術大学

芸術情報センター1階展示ホール・総合体育館ギャラリー


2015/10/15

(村長)


2011年の卒業生大越さんの個展です。

地下鉄中央線「大阪港」下車すぐ!


大越順子 銅版画展

私の切手コレクション

 

2015年10月7日(水)〜10月18日(日)

火曜日休み

11時30分〜19時30分まで(最終日は17時まで)

glogg

552-0021 大阪市港区築港2-8-29 播磨ビル2F

Tel.06-6572-6911

徐々にわずかに 320×28mm ゼラチンシルバープリント・鉄製フレーム 2010
徐々にわずかに 320×28mm ゼラチンシルバープリント・鉄製フレーム 2010

<矩形の質性 II―日下部一司>ご案内

2015年10月3日(土)ー31日(土)

ギャラリーヤマグチ クンストバウ 

〒550-0004 大阪市西区靱本町1-7-3 PAX本町ビル201

T. 06-6136-8600 F. 06-6136-8605

営業時間:水ー土 12:00 ー18:00  休廊:日・月・火・祝日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「矩形」は美術界に溢れている。意識的であれ無意識であれ各々の作家が創作の枠内に取り込んでいる。「矩形の質性」というタイトルは 矩形の内側と外側の関係によって作品の捉え方も違ってくるという観点からシリーズ化したギャラリ―の企画展として付けた副題です。第 1回目はグループ展として開催いたしましたが、今回は矩形をある意味最も意識している作家の一人である日下部一司さんの個展で開催い たします。常にあらゆる角度の観点から挑戦的に作品制作に取組まれている氏の多彩な表現方法を、今回「矩形」という観点から捉えるこ とによって、新しい日下部芸術の質性が浮かび上がる事を期待しております。

(ギャラリーヤマグチ)

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 周りを見わたすと、窓・雑誌や新聞・映画・絵画・パソコンや携帯電話のモニターなど、さまざまな四角い世界が人為的に存在する。このような四角い形を矩形というが、矩形で対象をとらえると「余白」という概念が生まれることも面白い。余白とは矩形から生まれる副産物なのだ。だからたとえば広大な海と空だけの風景を肉眼で眺める時に「余白がいっぱいだ」とは言わない。
 四角い世界には四つの辺と角があって、これらが目の前の風景と交わり四角い世界が生まれる。これを絵画とか写真とか映像と呼ぶなら、おそらくこの四角い世界を積極的に意識して風景を見ることが対象をとらえる一つの姿勢となるだろう。
 かねてより写真作品の物質性について興味を持っている。通常、写真イメージは支持体の上に繰り広げられるが、支持体は質感や量感・重さを持ち、双方の絡みによって写真は眺められる仕掛けになっている。しかし、イメージを定着する支持体の物質感が前に出れば出るほど「余白」の概念が消えていく。そして単なる物質としての矩形となると、余白という概念は完全に消えてなくなってしまうのが不思議だ。余白はイメージ世界に属するものらしい。            
(日下部 一司)

【おしらせ】

 ------------------------------------

大阪美術専門学校  総合アート学科  プリントメイキング専攻のオリジナルホームページ「プリメ村」は名称を変更し、2016年4月1日より、新しく「版画工房 B302」としてスタートしました。

なお、「プリメ美術館」はそのままの名称で展示をしています。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 ------------------------------------

版画工房 B302

http://printmaking-bisen.jimdo.com/

 

プリメ美術館

http://purimemura.wix.com/purimemura

 

 

 

 

 

 

 

 

ⓒ 2012 Purimemura