展覧会関連情報

 

通称「二点展」、正式名称「版表現展」今日から開催です。

 

7月28日(月)ー9月19日(金)

10時-17時

大阪美術専門学校 C棟1階廊下

是非ご高覧ください。

 

今日は一年生の学生で展示しました。

いい感じで展示されています。

 

2014/07/28

(村長)

淀川テクニック 作品の一部
淀川テクニック 作品の一部

 

【ノスタルジー&ファンタジー

国立国際美術館の「ノスタルジー&ファンタジー」を見てきた。

現存作家の展覧会で、年齢差もかなり幅がある。

展覧会のキーワードとして「ノスタルジー&ファンタジー」をあげているが、作品鑑賞のための「モノサシ」をもうけ、そのモノサシを使って各作品を見ていくとなんらかの共通点や違い、あるいは新たなモノの見方が発見されることもあるだろう。

「ノスタルジー&ファンタジー」はこの展覧会場に入ると渡される「モノサシ」だと考えて良い。

北辻良央さんの作品を久しぶりに拝見した。村長は彼の作品を見にこの展覧会に来たようなものだったが、想像通りの北辻さんの作品でしかも映像を使った作品で堪能した。映像を使ってはいるが映像作家では無い。あくまで造形作家として映像を扱っている。映写装置が機能性を持たない彫刻作品としてそこにある。それがいかにも北辻さんらしい。物語性の強さも健在だった。

橋爪彩の超写実作品や、淀川テクニックのコラボレーション作品、イラストレーターから画家へ転身した大家・横尾忠則、棚田康司の船越桂タイプ彫刻など、多様な形式の作品が作家ごとのブースで展示してある。いわば、10人の作家が国立国際美術館を10個の会場に割って、10個の個展を開催しているかのようであった。

同美術館の「コレクション」展も同時に開催されている。

榎倉康二の巨大な油彩や、ゲルハルトリヒターの小さな写真にペイントした作品、そして先日亡くなった河原温の「Date Painting」などたくさんの話題作品が展示されている。

 

2014/07/27

(村長)

 

【版画ポートフォリオエクスチェンジ展】

 

写真を撮るのを忘れた。

昨日「版画ポートフォリオエクスチェンジ展・あなたのふるさと わたしのふるさと」を見た。

奈良市は特別暑い日差しで、とても人間界とは思えない空気の中、Gallery CLASSまで行った。

プリメ村出身者が三人出品する展覧会だったが、完成度の高い小品が整然と並んでいた。

大越順子さんは、絵本の挿絵のようなほのぼの系の銅版画を、山路法子さんはブルーを基調とした構成的な銅版画、高比良哲くんは視覚を意識したドローイングを中心に展示していた。

みんな、だんだんこなれた表現になってきている。

ますます、期待しています。

がんばってください。

 

展覧会は8月3日まで。

皆さん、先輩の作品にも触れてみよう!

2014/07/27

(村長)

 

京都市美術館の「バルテュス展」を見てきた。

妻が日本人だったことは知っていたが、母の友人がリルケだったり、11歳から挿絵の仕事をしたり、ジャコメッティや勝新太郎・玉緒夫妻と親交があったり・・・というようなコトを知らなかった。

 

作品への接し方には,立場として四種類あると思う。

1/純粋な鑑賞者として

2/コレクターとして

3/批評家として

3/作家として

 

で、村長は作家の立場で眺めることが多い。

その眼で見ると、良い作品もあり、駄作もあった。

 

時系列で連続した仕事がとても刺激にる。

作品は一点で見るものではないな、と改めて思った。

 

2014/07/14

(村長)

 

版画ポートフォリオエクスチェンジ展

あなたのふるさと わたしのふるさと

 

ミスタータカヒラの企画した展覧会。

 

浅野 綾花

井口 綾子

馬川 亜弓

大越 順子

山路 法子

高比良 哲

(赤文字・プリメ村の卒業生)

 

7月16日(水)-8月3日(日)

11時-19時(月・火曜日 休廊)

Gallery CLASS

 

奈良県奈良市椿井街51 藤本ビル2F

TEL.0742-24-0228

【おしらせ】

 ------------------------------------

大阪美術専門学校  総合アート学科  プリントメイキング専攻のオリジナルホームページ「プリメ村」は名称を変更し、2016年4月1日より、新しく「版画工房 B302」としてスタートしました。

なお、「プリメ美術館」はそのままの名称で展示をしています。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 ------------------------------------

版画工房 B302

http://printmaking-bisen.jimdo.com/

 

プリメ美術館

http://purimemura.wix.com/purimemura

 

 

 

 

 

 

 

 

ⓒ 2012 Purimemura