ひとむしり

 

空白に適切な文字を入れなさい。

2015/04/30

(O村E理)

最寄り駅のホームからの写真。

駅前に大きなパチンコ屋さんがあるんですが、

そのパチンコ屋さんの看板がひょこっと顔をだしています。

2015/04/29

(M下 Aね)


こんにちは!

パチンコ

って、元気に言っている。

2015/04/29

(村長)

先月上京する機会があったのでその時に撮った写真を1枚添付させていただきます。

これは是非見ていただきたいと思いました(^^)

上野公園内にある上野大仏という顔だけの大仏です。

震災や戦争で体が無くなってしまいこのような形になったようですが“これ以上落ちない”という事で合格祈願に来る人が多いみたいです。

こんなに大きな大仏の顔を間近で見る事は他ではできないのでつい見入ってしまいました(笑)

もし機会があれば是非見に行ってみてください(^^)


2015/04/28

(Y本いくみ)

原爆ドームまで散歩した。

よく晴れて空気が澄んでいた。

繁華街の路地にはこのような看板が掲げてある店が並んでいる。

2015/04/27

(村長)

広島が迎えてくれた。

同じ構図で「空」を撮ってみた。

2015/04/26

(村長)

「東京随筆」

東京を散歩してそれをまとめた随筆集。

赤瀬川原平の書だ。

カバーを外した背表紙。

大きめのタイトル文字が表・裏表紙へとはみ出すデザインとなっている。

カバーを外さないとこのデザインに気付かない。

 

赤瀬川原平は昨年亡くなってしまった前衛芸術家・イラストレーター・小説家・エッセイスト・写真家など、複数の顔を持つ芸術家である。

広島で彼の展覧会があると言うことで今日はそれに出かけようと思う。

2015/04/25

(村長)

たばこ をたくさん売る店。

2015/04/24

(村長)

お寺の掲示板らしい。

住職は高倉健のファンだった。

そうに違いない。

 

往く道は精進にして

忍びて終わり悔いはなし

高倉健

 

不器用ですから・・・。

 

2015/04/23

(写真提供・O村E理/文・村長)


ブラウン管型のテレビ。“ブラウン管型”という呼び方は、薄型テレビとの比較だろうか。

ブラウン管型しかなかった時代では、わざわざ“ブラウン管型”なんて言わなかっただろう。

天王寺から学校までの道中に棄てられてあった。解体されて、中身の電線が出ている。人間でいうならば内臓が丸出しな感じ。

傍らに咲いてある淡い色の花が、お墓参りの時にお供えする花のように感じた。


2015/04/22

(M下Aね)

通せんぼ。

2015/04/21

(O村E理)


思いっきり道路にはみ出して邪魔をしている。

黄色と黒のストライプシールを貼って注意を促しているけどこれは危険だ。

夜道の自転車走行などを想像をするだけで顔面が痛い。

強打するね。

各所骨折もする。

全身血だらけ。

自転車も大破するだろう。

痛いだけではすまないか・・・。


切るに切れない、なにかいわれのある樹木なのだろう。

さすが大きな枝振りにはしていないが、新芽は出ていますね。

生かさず殺さずこの樹を生かしているんだなあ。

樹の向こうではしごに登るおじさん。

工事のひとか家宅侵入か。

逆の角度に伸びたはしご、道路にできた木の影がよいバランスだ。


2015/04/21

(村長)

肉食獣に襲われた草食動物のような風景で胸が痛みます。

自然界の法則というか、人間界の無責任というか・・・。

電柱の影に身を隠した光景が痛々しい。

2015/04/20

(村長)

名古屋に行ってきた。

写真は名古屋市交通局マスコットキャラクター「ハッチー」である。

いつ見てもキャラに無理を感じる。

説明はできないけど、なんというかこの存在自体がちょっと怖い・・・。

そういうところが、奈良の「せんとくん」とよく似ている。

せんとくんは、2010年に奈良県で開催された平城遷都1300年記念事業(平城遷都1300年祭)の公式マスコットキャラクターであったが、2011年より奈良県のマスコットキャラクターとなった。鹿の角が生えた童子の姿をしている。(ウイキペディアより)


2015/04/19

(村長)

「無断貼紙お断り」と書かれてある。

カット文字を貼ってできている。(貼り紙だけに・・・

時間の経過でこのように文字が反り返ってしまった。

2カ所に同じプレートが設置されてあって、これはもう一方の「無断貼紙お断り」

めくれ方がよく似ている。

一見、最初の写真と全く同じように見える。

しかし、細部を観察すると全く違う。

同じようで全く違う、という感覚が面白い。

2015/04/18

(村長)

顔に見えたら負け。

2015/04/17

(村長)

グルメツツジ、と読んでしまった。

2015/04/16

(村長)

え!ほんま!?

2015/04/15

(村長)

個人情報の保護が問題視される昨今である。

何十年か前の古い話で恐縮だが、美術手帖社から「美術年鑑」という、作家や評論家・美術館や画廊・関係出版社や学校まで、とにかく美術に関わる人や施設の住所・電話番号(個人の場合は勤務先まで)をまとめた本が毎年12月に出版されていて重宝した。

重宝、というのは展覧会をするときに、見ていただきたい関係者に直接案内を送ることができたからである。情報がオープンだった。

しかし、ネット環境が日常生活に入り込み、情報の氾濫や 見えない個人と悪意が蔓延することで、あの便利な「グッズ」達は次第に姿を消していった。

アダムとイブが下着をつけ始めるような勢いで個人情報は姿を失っていく 

こんな話はこの写真とは関係ないけれど、このオープン状態のポストを見てドキッとする。

 

2015/04/14

(写真提供・T本Wな/文・村長)

またしても貼り紙である。

花さん。

ハナさんは病院通いをしている。

なにを患っているのだろう。

このところたびたびの通院で仕事を休んでいるみたいだ。

早く良くなってほしい。


7:00より営業・・・ずいぶん早い。

いや、朝の7時ではないかな。

病院はそんなに早くやってないし。

おそらく夜7時からの営業だろう。


ガムテープの貼り方に性格というか、時間の無さというか、慌ただしさというか、そんなものを感じる。

いわゆる無造作な貼り方だ。

右側のガムテープがカギ形に切れていて、このことからテープを貼った順番が読めた。

一番上が最初、次が右、このときテープがうまくちぎれなかったのだろう。かぎ型になっている。

最後が左側の幅の狭いテープ・・・。

まあ、こんなことはどうでもよいことだけれど。


この貼り紙の下にめくれて逆さまになった小さなメモが気になる。

気になるからPhotoshopで鏡面処理して読んでみた。

「こおりやさん 中に置いてあります 一つです 花」

こおりやさんにあてたメッセージだった。

謎めいている・・・。


2015/04/13

(写真提供・T本Wな/文・村長)

臨時休業のお知らせ貼り紙だ。

「誠に申し訳ありませんが子供が春休みを使って海外から帰ってきますので・・・」

と書かれてある。

休業日程と、海外に子供がいて春休みに帰ってくる、ということも同時にお知らせしている。

2015/04/12

(写真提供・T本Wな/文・村長)

作為的か偶然か「顔」ができてる。

筆のタッチは意識的か、そうでないのか・・・など思う。

2015/04/11

(村長)

こういう雰囲気の写真を、軟焦点写真と言います。

ソフトフォーカス写真ともいいます。

ここに「併」と書かれていますが、どういう目的で掲げてあるのだろう。


へい【併(倂)漢字

① ならぶ。両立する。「併記」「併発」

② あわせる。「併合」「併吞(へいどん)」「併有」「併用」「合併」「兼併」


併吞・・・って?


へいどん【併吞】

(名)スル

〔合わせのむ意から〕

他国を自分の勢力下に取り込むこと。「隣国を―する」「民を手馴(てなず)け,竟(つい)には全土を―せん」〈慨世士伝逍遥〉


併有って・・・?


へいゆう―いう【併有】

(名)スル

あわせ持つこと。「伊国(いこく)貴族の性質(うまれだち)の,長所を総て―して」〈慨世士伝逍遥〉


兼併は?


けんぺい【兼併】

(名)スル

あわせて一つにすること。他人の土地財産を奪い自分のものとすること。「他国の土地を―する」〈文明論之概略諭吉〉


なんか、土地と関係ある言葉が多いな・・・。


2015/04/10

(村長)

平成27年4月9日(木)・毎日新聞朝刊より
平成27年4月9日(木)・毎日新聞朝刊より

「小さな樽」ってか。

本名ではなくあだ名で残ったのか・・・。

レオナルド・ダヴィンチはダヴィンチ村出身のレオナルドというから、この時代はそんなものなのか・・・。

2015/04/09

(村長)

日本では「ジャンバー」と呼ばれることも多い。

フランス語のブルゾン(仏: blouson) にあたる。

背中に髑髏のイラストと、「BAD MAN」と書かれた男に注意しなさい!

なぜならば、悪い人だからです。

2015年4月8日

(村長)

このスキマのために、24時間過酷な労働をしている。

2015/04/07

(村長)

パチンコの景品を現金に引き替える窓口。

最寄り駅の近くにある。

窓口が、そりゃ狭い。

だって10センチ前に電柱が立っているし。

この手のものは、まあだいたいこんな感じかな。

「現金はその場限りです」

どういう意味かなあ。

気になるなあ、なんかその「その場限り」っていうの。

一般財団法人 大阪 障害者 母児寡婦 福祉事業協会がやっている。

2015/04/06

(村長)

美白願望植物。

2015/04/05

(村長)

文字の体裁を守るギリギリのかたち。

2015/04/04

(村長)

幼稚園の前の道路に設置してあった。

これはもう、ほんとうに怖い。

ドライバーはこれを見て十分注意するはずだ。

時間の推移が表現に荷担した。

2015/04/03

(村長)

 

中央線「長田」駅の改札を出ところで出合った。

 

掲示板が顔になっている。

ご丁寧に、リアルな耳までついているのが律儀と言うか、立体派というか・・・。


近寄ってみよう。

A4サイズで光沢のある貼り紙がたくさんあって、なにかが書かれている。 


「線路に物を落とさないよう 注意してください!!」

「駅構内 禁煙です!!」

 

「あぶない 歩きスマホ」

「ゴミは、ゴミ箱に・ニャー」

「階段出入り口・ホームでは、風にご注意ください!」

「かけこみ乗車は、ダメ、ダメ、ダメヨ〜」(「ダメよ、ダメダメ」とはちがう)

「危険です、歩きスマホ」

「ホームでは、子供さんから 目をはなさないように!ネ」

 

まるで、意見広告ポスターの展覧会のようだ。

「!」の乱用や、使い古されたストレートなコピーのセンス、笑いを取ろうとするイラストや写真、一枚一枚パウチ処理された見づらい光沢感、なににもましてこの「顔」の思いつき・・・そういう クドさ がじわじわくる。

 

うわさによると、この顔パーツが定期的に変わるという。

地下鉄中央線「長田駅」・・・興味津々だ。

 

2015/04/02

(村長)

「ゆるく」と読んでしまった。

2015/04/01

(村長)

【おしらせ】

 ------------------------------------

大阪美術専門学校  総合アート学科  プリントメイキング専攻のオリジナルホームページ「プリメ村」は名称を変更し、2016年4月1日より、新しく「版画工房 B302」としてスタートしました。

なお、「プリメ美術館」はそのままの名称で展示をしています。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 ------------------------------------

版画工房 B302

http://printmaking-bisen.jimdo.com/

 

プリメ美術館

http://purimemura.wix.com/purimemura

 

 

 

 

 

 

 

 

ⓒ 2012 Purimemura