ひとむしり

電柱のように垂直に建つモノにおしっこを引っかけるのが犬の習性のようですね。

犬にしたらごく当たり前の行動なのですが、人間にとっては不衛生な上に「におい」が迷惑なのです。

その辺のせめぎ合いがこんな張り紙になる。

どうやって解決するんだろう。

村長はそこが気になる・・・。

 

ちなみに「におい」は「臭い」と書く。

そして「臭い」は「くさい」とも読む。

2013/08/31

(村長)

 

 

バナナじゃありません。
バナナじゃありません。

ばぁちゃんの畑にて。

バナナかと思えば、うれすぎたキュウリでした。

もうグダグダになってました。

 

2013/08/30

(広報課長)

 

内容と価格が釣り合わないことがある。

「高い」と思ったり「安いなあ」と感じたりすることがあるぢゃあないですか。

吉野家の牛丼は安いと思う。

日本全国、吉野家の牛丼「並」は280円。

安心価格。

だから村長はよく食するよ。

 

しかし、ビールは違う。

同じ商品なのに店によってずいぶん違う。

レシートには280円とあるが、これはサントリーのモルツ中瓶。

よく冷えている。

安いなあ、吉野家のモルツ。

 

人間にとって必要な栄養分という観点からみたらいろいろ意見もあるだろうが、ここでは「商品価値」として同等に扱われているのですね。

牛丼をとるか、モルツをとるか・・・となったとき迷う。

もし、10円でもどちらかが高かったりしたら、この選択の迷いはぐっと減るはずだ。

しかし、吉野家は同じ値段だった。

迷ったときはたいていどちらも欲しくなる。

従って、このセットで頼んでしまうわけだ。

合計が580円。

吉野家で飲み会をしたらいい。

2013/08/29

(村長)

 

最初からこんなふうにするつもりはなかった。

ちょっとずつ手が加えられてこのようになった。

ここには「出入り口につき 駐車お断り」という看板が写っているが、」これに関わった「ひと」も写っている。

2013/08/28

(村長)

紅白のコントラストと表面の傷が趣深い。

2013/08/27

(村長)

こんなトコロに洗濯ばさみを発見。

能力が正しく使われていない状態。

一所懸命機能しているつもりが、何の役にも立っていない状態。

実は、関係者がいつも洗濯物を干す場所になっている状態。

三角コーンと仲良しの状態・・・。

など。

2013/08/26

(村長)

補修するといっても、単に機能面の修復ではだめだ。

 

ものに対する愛のある修復は美しい。

その最たるものは「金継ぎ」かな。

2013/08/25

(村長)

三角コーンにいつも目が行くのです。

これなんかはとことん使い込まれていますね。

使い込まれて美しくなってく道具も多いのですが、これは違う。

悲壮感が漂います。

たぶん「補修」をしてやると尊厳が保たれ、美を放つのでしょう。

ものにたいするやさしさが美を生むのかな。

2013/08/24

(村長)

 

残暑お見舞い申し上げます。

『人間』林弘之です。

 

 手作りのトイレットペーパーホルダーを

見つけました。ペーパーが濡れない、汚れ

ないように?うえにビニールがあり、ぺー

パーが抜かれないように南京錠でしっかり

予防、公園の角にある公衆トイレでした。

2013/08/23

(『人間』林弘之)

 

運転中の眠気予防に買って噛んでみました。

食べた人の感想が知りたい。

2013/08/22

(村長)

 

 

車の運転中、信号で停まった時見えた風景です。

電信柱と「南国の樹」が二本、ちょうど重なってすごいと思った。

2013/08/21

(村長)

スケッチのようなイラストになっていた。

これはまたこれで良いような・・・。

2013/08/20

(村長)

 

「人が見ている」「カメラが見ている」だから「ちょっと待て!」

だれも見ていなかったら「大丈夫」みたいな響きがマズイと思うな、この標語。

2013/08/19

(村長)

幸せを呼ぶ10か条

-------------------------

1.いつも「いいこと」を口にする。

2.悪口、陰口は言わない。

3.どんなときも、笑顔を忘れない。

4.自分から先に、挨拶する。

5.相手の話に最後まで耳を傾ける。

6.自分と他者を比べようとしない。

7.相手の短所ではなく、長所を見るようにする。

8.何が起きても「これでよかった」

9.たくさん鏡を見て、自分を好きになる。

10.「すみません」より「ありがとう」

 

2013/08/18

(出所不明/引用・村長)

 

先日金沢に行ってきた。

裸が多い町だ。

裸婦が多いが男性ヌードもある。

男性像には変態感が漂う。

なぜこんなものが町中にあふれるのか不思議に思う。

2013/08/17

(村長)

クロワッサン風フランス風クロワッサン、というのはどうだろう。

結局、味はクロワッサン。

形はクロワッサン風フランス。

2013/08/16

(村長)

文字の脱皮。

2013/08/15

(村長)

カマキリが脱皮することを知らなかった・・・。

こんな形でぶら下がり、動かなくなっている。

どうも脱皮に失敗したようだ。

ほとんど抜けきった段階のように見えるので、カマキリの無念さを思うと気の毒に思えた。

 

しかし、去年は偶然にもこの場所で僕は蝉を食らうカマキリを見た。

ときどき羽をばたばたさせる蝉のお腹をばりばり食べながらこちらをにらんでいたのである。

去年は蝉の不運さを悲しく思い、今年は逆にカマキリを気の毒に思った。

 

2013/08/14

(村長)

 

 

能登でムックのような家を見つけた。

2013/08/13

(村長)

お父さん、夢中。
お父さん、夢中。

子ども達とお父さんかな。

万博公園で出会った光景。写真には写ってないけど、右上に「太陽の塔」があります。

お父さん、子ども達と太陽の塔を撮るのに夢中です。

寝転がってます。

 

2013/08/12

(広報課長)

小熊。
小熊。

先日、山道で小熊に出会いました。

イノシシや狸はよく見るけど、熊に出会うのは初めて。

首のところに三日月の模様があったのでツキノワグマだと思います。

小熊でよかった。

 

2013/08/11

(広報課長)

よっこらしょ。
よっこらしょ。

 

座り方が人のような犬を見かけました。

 

 

2013/08/10

(広報課長)

 

 

歩いていたら、ハウスクリーニング キレーネ という店があった。

2013/08/09

(村長)

どんな事情か知らないですが、怖いなあ。

紙を貼ったり、油性ペンで塗りつぶすのではなく、削るって・・・。

「読めなくする」のではなくて、「完全に消」し取っているわけです。

だったら、表札ごと取っ払ったら良いようなものなんですが、一部を残し一部を消滅させている。半分生かせて、半分殺す・・・まるで拷問みたいでそこがコワイ。

執念と情念のようなものを感じます。

消すことは表現なんだと改めて思うのです。

 

[教訓]

描き加えることだけではなく、消すことも表現の一手法である。

 

2013/08/08

(村長)

 

 

 

 

 

塗装時に、塗料が他の部分につかないようにマスキングテープで保護することがありますね。この写真は、あるビルの画廊に向かう階段部分に設置された、配電盤を開ける把手です。低い位置にあって手も届くし目にもとまります。

それなのに、なぜかはがされずマスキングテープがそのまま干からびた状態になっています。

 

村長がこれを発見したのはもう5年以上前なので、少なくとも5年はこの状態で存在しています。毎日たくさんの人が通る場所なのですが、管理者も通行人もこれを取ろうとしない。

村長はここを通るときいつも剥がしたい衝動に激しく駆られます。

2013/08/07

(村長)

時間の経過で印刷物の文字が一部消えた例。

 

 「あります。」

 

と、言い切っています。

謎めいていて注目を集めます。

 

「※乗用車に限ります。」

 

という小さめの注意書きも、「さ、それは何でしょう?」

と、質問を投げかける結果になっている。

 

情報の一部欠落が別の機能を張り紙に生んだ例。

 

2013/08/06

(村長)

 

 

 

「名古屋名物といえばみそかつ。みそかつといえば矢場とん

名古屋に「矢場とん」というトンカツ屋さんチェーンがあって、そこのマスコットを思い出した。

豚が化粧まわしを着けて土俵入りする姿で、なんとも自虐的なこのようなタイプが世の中にはたくさんある。

「焼き鳥 渡鳥」はその文字版だ。

 

 

 

「矢場とん」マークは、こんな感じだけど、

 

 

カラーで使われることもある。

リアルだ、派手だ・・・。

2013/08/05

(村長)

そっくり。
そっくり。

シンメトリーな光景に出会いました。

 

2013/08/04

(広報課長)

 

-----------------------------

す、すごい!

すごすぎる!

両端の2人の乗客も、同じ白ジャケットではないですか!?

そしてガラスに映る2人のオヤジの頭部。

全体が「対」の関係になっている・・・。

 でも同じようにみえながら少しずつ違う。

まるで まちがい探しやね。

少しずつ「ぜんぶちがう」ところが深いなあ。

 

2013/08/04

(村長)

 

6月24日に紹介した「駐車御断り」の看板がアサガオとの蜜月関係になっていた・・・。

2013/08/03

(村長)

 

 

(6月24日の状態↓)

7月15日にこのコーナーでひとむしりしたこの張り紙。

半月間ずっとそのままだったので心配していました。

しかし、昨日こんな張り紙に変わっていました。

どんな事情があったのか知りませんが、その問題が解決したみたいです。

前回は黒文字だったのに、今回はピンクと赤の文字です。

文字の色に、再開店できる店主の喜びが読めます。

紙を貼り付けるガムテープも、2カ所から4ヶ所に増えていて、意気込みを感じます。

2013/08/02

(村長)

 

 

おじさん、おばさん。

ひらがなで書いたらこうなるけど、漢字で表現しようとするとこうなる。

 

伯父さん・・・父母の兄

叔父さん・・・父母の弟

伯母さん・・・父母の姉

叔母さん・・・父母の妹

 

父母の兄弟(姉妹)関係によって使い分ける。

これまで、この漢字の使い方がいい加減だった。

というか、知らんかったなあ。

恥ずかしい。

 

2013/08/01

(村長)

【おしらせ】

 ------------------------------------

大阪美術専門学校  総合アート学科  プリントメイキング専攻のオリジナルホームページ「プリメ村」は名称を変更し、2016年4月1日より、新しく「版画工房 B302」としてスタートしました。

なお、「プリメ美術館」はそのままの名称で展示をしています。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 ------------------------------------

版画工房 B302

http://printmaking-bisen.jimdo.com/

 

プリメ美術館

http://purimemura.wix.com/purimemura

 

 

 

 

 

 

 

 

ⓒ 2012 Purimemura