ひとむしり

 

入り口2つ。

2013/11/30

(村長)

最近の楽しみは娘の漢字練習帳。

親として、注意したほうがいい?

 

いや、私はクスクスと一人で笑って、静かにランドセルに練習帳を戻しておきます。

 

2013/11/29

(キョムコ)

 

なぜ取った。

分かってるぞ!!

 

 

「盗った人」のほうがこの場合適切な気がする・・・・。

「分かる」は他の漢字もある。

どう使い分けるのだろう?

 

わかる【分かる・解る・判る】

(動五[四])

① 物事の意味価値などが理解できる。「意味が―る」「音楽が―らない人」

② はっきりしなかった物事が明らかになる。知れる。「真犯人が―る」「答えが―る」

③ 相手の事情などに理解同情を示す。「―った,なんとかしよう」「話の―った人」

 

④ 離れる。分かれる。「八宗九宗に―りてより」〈浮世草子傾城禁短気〉

 

2013/11/28

(村長)

 

犬がいるんだ・・・。

2013/11/27

(村長)

場所が妖気を持っている。

こわいなあ。

2013/11/26

(村長)

毎日新聞朝刊 平成25年11月25日(水)
毎日新聞朝刊 平成25年11月25日(水)

 

石垣島でこんな光景が生じているらしい。

バランス関係がほんの少し狂うと至る所に影響が出る。

2013/11/25

(村長)

← 答はここをワンクリック

 

[第5回 ]きょうの漢字テスト 

 

1・長年の夢がカナう。

2・勉強ではあいつにカナわない。

3・条件にカナう。

 

2013/11/24

(村長)

 

11月4日にこの欄に書いた「手ごね」ハンバーグのメニューが「販売中止しています」になっていた。

このタイミングでこれはどうもよろしくない印象が残る。

おそらく「手ごね」部分に問題があったのでしょう・・・。

中止したことで疑惑が相当深まるのだった・・・。

それとも「今日のひとむしり」に対するリアクションか・・・。

2013/11/23

(村長)

← 11月4日のメニュー

 

偽装事件がニュースを賑わしている。

このメニューは事件と関係ないと思うが、

「とろとろチーズの手ごねハンバーグカレー」とある。

 

「とろとろチーズ」

「ハンバーグ」

「カレー」

 

それぞれの単語の中に「手ごね」が混じると、

すべてのものが「手ごね」のように感じてなんだか微妙・・・。

文法上は間違いないが、イメージが混乱するようだ、私・・・。

そもそも手ごねは何がすぐれているのだろう。

 

2013/11/04

(村長)

← これが現場写真だ!!(ワンクリックで拡大可能)

 
 

 

不潔便器画像が三日連続になりました。

恐縮です。

しかし、今日で終わります・・・。

 

 

【その3】

危険物質処理便器

気付かなかった意外な威力

 

危険物

危険物(きけんぶつ)とは、対象に危険を及ぼす可能性を秘めた本質を持つ物である。

 

オソロシイ現場を見てしまいました。

なんと、オシッコ(男性)はコンクリートを溶かすのです。

危険です。

まるで硝酸や塩化第二鉄のようです。

3つ並んだアサガオの、入り口に近い固体の床にそれはありました。

明らかに凹んでいます。

入り口から近い便器は利用頻度が抜群に高いからです。

そしてこぼれる回数も爆発的に多い。

で・・・、こぼれたしずくが床を溶かす・・・。

ああ、オソロシイ。

ワシは知らんかったわい・・・。

 

2013/11/22

(村長)

[事例部分画像]

 

雨だれで凹んだ、軒下地面のようなおもむきである。

 

 

 

← ちょっとだけ見たい人はワンクリック

 

 

すみません。

二日続けて恐縮です。

 

【その2】

バリアフリー構造便器

フラットなデザインに惹きつけらける。

 

最近この形の便器(和式便器)を見かけることが少なくなりました。

でも、まだまだ発見できますね。

だがだが、このタイプは珍しいのではないか。

床面と便器が平らな状態で埋め込まれているタイプです。

凹凸が極力少なく設置してある。

開けっぴろげになっていたドアの向こうに見えたこれを見つけ、思わずカメラを取り出しました。

ちょっとした違いが、視覚に訴えてきます

ちょっとの違い・・・というのが大事なんだなあ。

 

2013/11/21

(村長)

 

 

[通常タイプの参考画像]

 

床面と便器の関係に注目。

 

← それでも見てみたい人はワンクリック!

 

 

 

えーと、汚い写真で恐縮です。

 

 【その1

レレレのおじさん便器 

 最初からこの設計だろうか・・・。

 

1917年に マルセル・デュシャンは「泉」と題する小便器の芸術品を発表しています。

村長はデュシャンとはちがい 凡人 ですから芸術には遠いのですが、ちょっとここに載せますね。

これ、インパクトありすぎだったので・・・。

ごめんなさいね。

 

2013/11/20

(村長)

 

 

 

 

[芸術品の参考画像]

 

マルセル・デュシャン

「泉」

便器(既製品)にサイン R.MUTT

1917

「ゴミ置き場」

いかにもゴミ置き場という感じで見入ってしまう。

2013/11/19

(村長)

免許証センターで黒い三角コーンを見つけた。

つや消し黒が並ぶと、軍事用みたいだ。

2013/11/18

(村長)

← 答えはここをクリック

 

 

第4回 きょうの漢字テスト 

 

1・ホソク説明。

2・犯人の身柄をホソクする。

 

2013/11/17

(村長)

寿命をメートル法で表現しています。

コピーとしてイケていると思います。

モノサシを変えてみたら、新しい視点でものが見えるようになるように思う。

2013/11/16

(村長)

 

先日、中山寺の短大村へ野良仕事に行ったとき、草引きをしていたY野さんからこのゴムヘラの存在を教えてもらいました。

銅版画のインク詰め用のヘラですが、何個かの同じ箇所を切って使っているので、別々のヘラなのにこんな風につながります。

わずかなズレがとても興味深いです。

2013/11/15

(村長)

 

二台の自転車がロープでつながっている。

両方とも不具合があるようなので、乗車目的でここにあるわけではなさそうだ。

倉庫の門のようにも見える。

正体不明。

2013/11/14

(村長)

 

これ、めちゃ気に入ってます。

やられたって気分です。

2013/11/13

プリメ村役場特派員W

 

 

面白い!!

ステンシルやね、これ。

消すことは書くことだ・・・。

お掃除プリント・・。

2013/11/13

(村長)

 

 

ニューアルバムをリリースするエミネムの野外広告が画期的だと話題に。高圧洗浄器を使って、街の汚れを落としていくだけなのだが……。発想の転換が大事だと改めて思わされます。

水平・垂直に慣れた目には、このような風景が新鮮に見える。

2013/11/12

(村長)

 

← 答はここをクリック

 

 

 

第3回 きょうの漢字テスト 

 

1・明日の朝、お宅におウカガいします。

2・チャンスをウカガう。

3・村長の顔色をウカガ

 

2013/11/11

(村長)

「れんこんの日」があるらしい。

この写真をずいぶん前に撮っていたのに、8日にアップするのを忘れた。

悔しい。

 

ちょっとネットで検索しら、「レンコンの日 11.17」というのもあった。

レンコンの日が11月8日と、11月17日二日もあるのかと思ったら、

11月8日は、徳島 県のれんこんの日

11月17日は、茨城県で開催された蓮根サミットで1994年に決まった日らしい。

蓮根サミットは全国の蓮根産地の代表が集まるものらしいので、徳島県は独自の路線で決めているのだろうか。

蓮根業界もけっこう複雑なのかなあ・・・。

2013/11/10

(村長)

 

 

穴が二つは目に見えて、穴が一つは口に見える。

2013/11/09

(村長)

京丹後市のマスコットキャラクター「コッペちゃん」が大阪駅の地下にいた。

所用でこの前を通ったら観光キャンペーンのお仕事をしていた。

はさみを振りながらからだを くねらせている。 

用事を済ませて、帰り道にここを通ると、まだ「コッペちゃん」は、はさみを振り続けている。

気がつくと飛び入りで「まるいの」も加わっている。

「まるいの」は篠山市のマスコットキャラクターだ。

 

まるいの はやたら機敏に動いて愛想を振りまいている。

行動範囲も広い。(写真参照)

「コッペちゃん」は相変わらず、状態をくねらせながら手を、いやはさみを振り続けるだけです。この着ぐるみバージョンはもともと歩く用には作られていな胃のではないか・・・と疑問を持って近寄ると、わずかに動いた形跡がある。(Ⅰ枚目の写真参照)コッペちゃんはムダに動かないコンセプトらしい・・・。

着ぐるみ二体の「動」と「静」のコントラストが雑踏の中で際立ち、村長の興味を誘ったのだった。

2013/11/08

(村長)

 

 

たいやきくんが、たいやきを買っているような場面に出会いました。

2013/11/07

(各務原市・匿名希望)

 

 

なんじゃこりゃ・・・!?

 

普通に「たいやきくん」のかぶりものをした客かと思った。

 

店頭につるされた  たいやくきんのぬいぐるみが、ちょうど客の頭部分に重なった時の写真なんですね。

この位置で撮影したら何人もの「たいやきくん人間」が撮影できそう。

 

うまいうまい。

ナイスショットっす。

 

2013/11/07

(村長)

「犬のフン 持ち帰れ!

と、当初は書かれていた。

表現がきついと思ったのか、「れ」の文字に紙を貼り、

「犬のフン 持ち帰って!

と改めてある。

読みにくくなった分、メッセージ性も弱まった。

しかし、家主の優しい性格は強調されている。

2013/11/06

(村長)

 

 

 

、5階が、日常の中にある。

そこは 非日常のように感じた。

2013/11/05

(『人間』林弘之)

 

偽装事件がニュースを賑わしている。

このメニューは事件と関係ないと思うが、

「とろとろチーズの手ごねハンバーグカレー」とある。

 

「とろとろチーズ」

「ハンバーグ」

「カレー」

 

それぞれの単語の中に「手ごね」が混じると、

すべてのものが「手ごね」のように感じてなんだか微妙・・・。

文法上は間違いないが、イメージが混乱するようだ、私・・・。

そもそも手ごねは何がすぐれているのだろう。

 

2013/11/04

(村長)

 

バランですね、バラン。

弁当なんかでしきりに使うやつです。

それがガラスに貼り付けてあります。

正確には、透明ガラスの上にバランを置いて、その上から和紙が全面に貼り付けてあるんですね。

要するに、透明ガラスでは具合悪い部分に目隠ししているわけです。

和風の模様になっている。

いいセンスしています。

 

ところで、バランの語源は「ハラン」からだそうです。

ハランは植物の名前です。

本来ハランを使っていたのが、人造ハランが登場し、それを「バラン」と呼ぶようになったそうです。

知らんかった。

2013/11/03

(村長)

いつからこんなことをするようになったのかな。

聞くところによると、猫予防らしい。

実際に効果があるのかどうかという事になると「効果が無い」という意見も多い。

それにしても、電柱の周りにネコは集まらないのではないか。

来るなら「オシッコ犬」ですね。

犬対策としては効果はあるのだろうか?

これも疑問視される。

犬猫対策ではなく、あんがい人間(男)対策かもしれない。

 

先日こんな正体不明を見つけた。

まあ、これは別の事情から生じたなにかの痕跡のようにも感じる・・・。

ペットボトル形状の製品版のようにも見えた。

2013/11/02

(村長)

工事中です。

雑然としたモノの並びから、突然「音」が・・・という図。

2013/11/01

(村長)

【おしらせ】

 ------------------------------------

大阪美術専門学校  総合アート学科  プリントメイキング専攻のオリジナルホームページ「プリメ村」は名称を変更し、2016年4月1日より、新しく「版画工房 B302」としてスタートしました。

なお、「プリメ美術館」はそのままの名称で展示をしています。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 ------------------------------------

版画工房 B302

http://printmaking-bisen.jimdo.com/

 

プリメ美術館

http://purimemura.wix.com/purimemura

 

 

 

 

 

 

 

 

ⓒ 2012 Purimemura