ひとむしり

町なかではこんな裸婦像が多く見かけられる。

裸婦は本当に芸術か・・・。

この裸像についていうなら・・・なんかカマキリみたいな人間離れ感が気になってしょうがない。

2013/10/31

(村長)

← 答えはここをクリック

 

 

 

第2回 きょうの漢字テスト 

 

 カタカナ部分を漢字に改めなさい。

 

1/目のアラい網。

2/きめのアラい肌。

3/波のアラい海。

 

2013/10/30

(村長)

居酒屋 まいど!!」のある風景。

2013/10/29

(村長)

 

BagとBackをかけた駄洒落。

この看板の見どころは「後ろ」に(バック)とふりがなをふったことでしょう。

制作者のドヤ顔が浮かんできます。

2013/10/28

(村長)

 

「・・・となる」「・・・になる」

そういう言い方が蔓延(まんえん)しているように思う。

携帯電話などを操作しながらホームを歩くのは大変危険なっています

先日は構内放送で聞いた。

 

「豚骨ラーメンなります。ご注文は以上でよろしかったでしょうか」

というような言い方にも、村長はいつも引っかかる・・・。

 2013/10/27

(村長)

 

 

 

 ←  答えは、ここをワンクリック!

 

 

 

プリメ村では今日から「漢字テスト」を不定期に行います。

 

第1回 きょうの漢字テスト 

 

 【問題・1】

街頭でビラをハイフする。

会議で資料をハイフする。

 

【問題・2】

行方不明の夫をサガす。

夫にふさわしい男性をサガす。

 

2013/10/26

(村長)

 

 

町中には退色してしまった看板が数多くある。

そこはもう白いキャンバスになる。

 

文字を書くときのアクションが、この痕跡によって伝わってくる。

ゆっくり、落ちついて書くような時間の余裕の無いものだけにそれぞれのスピード感が鑑賞のポイントだ。

 

2013/10/25

(村長)

 

家が壊された。

となりと密接していた壁面にその痕跡が残っている。

そして跡地に空間が生まれた。

家の痕跡が、もとあった家のボリュームを立体的に想起させる。

2013/10/24

(村長)

 

送電線が一回転する例は他にも普通にあるようで、

プリメ村の近所でもこんなムダに余ったような電線を見つけた。

1/なにかの事故で切断されたときのスペア部分。

2/このように巻くことで電波上のなにか改善が期待される。

3/デザイン・・・。

理由が思いつかない。

再び「何でやろう?」

2013/10/23

(村長)

送電線が一部一回転している。

どうしたんだろう・・・。

2013/10/22

(村長)

電話をかけたら「はい、和食だ!!馬鹿野郎!!!」と言われる。

2013/10/21

(村長)

 矢印の指す部分は、特に何かがあるわけでもなく「ここ」という位置を示している。

「ここ」は概念的な場所で、この二つの矢印の交差する地点にあるわけだ。

見えないものを見える記号で指し示す、という事が面白いと村長は思ったよ。

2013/10/20

(村長)

カメラの位置で写り方が変わる。

下から撮ると5歳老け顔、上から撮ると5歳若返るという。

 

ほんまかなあ・・・。

この映像を見たら、その激変ぶりがわかった。

オソロシイ。

 

と、いうことは・・・。

小さな子どもにとって、お母さんの顔は上のような・・・顔に見えるはずだ。

反対に、小さな子どもが可愛いのは、もしかしたら上から見る視覚効果も大きいのに違いない。

2013/10/19

(村長)

 

こりゃ大変だ・・・。

2013/10/18

(村長)

 

ビルの廊下に自転車に関する注意書きが貼り出されていた。

古くからここにあるようで、壁の塗りかえ時には文面箇所をぎりぎりまで残して何度も周囲が塗られている痕跡が残る。

この実用本位の塗装がおかしく思える。

2013/10/17

(村長)

 

缶ビールを注ぐときの泡を作る方法が、缶にプリントしてありました。

なるほど・・・。

2013/10/16

(村長)

 

TAKEO KIKUCHI の下半身が、靴を脱いで逆立ちする光景。

2013/10/15

(村長)

 

 

禁煙車両が最初かな・・・。

最近はどこの鉄道会社でも女性専用車両を設けている。

先日、「携帯電話 電源オフ車両」というのを阪急電車で見かけた。

これも徐々に普及するのだろうか。

強香水車両や酔っ払い車両、時間限定高校生座り込み車両、音楽専用車両もいずれできると思う。

ますます少子高齢化の時代だから「優先座席車両」が先決かな・・・。

2013/10/14

(村長)

新設大学かと思った・・・。

2013/10/13

(村長)

 

やさしいやくそく。

2013/10/12

(村長)

 

石垣とトタン壁です。

石の形に添ってトタンが切られていてその様子に惹かれます。

2013/10/11

(村長)

 

「来る者に安らぎを

     去る者に幸を」

こういう人に私はなりたい。

2013/10/10

(村長)

間違えたのか、「固」く・・・この部分の文字が書き直されています。

それにより、固くという意気込みが強まった感じがします。

2013/10/09

(村長)

 

「ナイキ」という靴屋を見つけた。

2013/10/08

(村長)

MP2.5が話題になっている。

かつては「光化学スモッグ」が騒がれた。

でも最近はこの言葉を聞かなくなったように思う。

そのレベルで騒ぐのは過去の話で、現代はもっとレベルアップしたPM2.5の時代ということか・・・。

環境はどんどん悪化している。

人間は少しずつの変化に鈍感だ。

2013/10/07

(村長)

 

えこっています。

 

「ecoる!」・・・いや「!」ではないですね、この表記。

「!」の「・」のないやつ。

2013/10/06

(村長)

小春日和(こはるびより)の神戸元町です。

ウエットスーツが二着干されています。

人体の形がそのままなので、ちょっとスリリングな光景に見えます。

2013/10/05

(村長)

 

コラボレーション

 

2013/10/04

(村長)

 

「自転車・原付 放置禁止区域 宝塚市」

という看板があった。

退色のためレリーフ状の看板になっている。

年月の経過が彼をこうした。

人間で言うなら定年退職後の余生を送っている姿かな。

ここで椅子に座って、往来する自転車や原付を見守る。

信条はしっかりあるが、押しつけがましくない「まるい」看板に成長している。

もの静かだが、言うべきことは言う。

2013/10/03

(村長)

目を描くと人間みたいに見える。

この場合、正義感あふれる電柱みたいに見える。

目で人柄の表現ができるわけだ。

目の力って大きいなあ。

いい目をして生活したいなあ。

2013年10月2日

(村長)

敷居の高い家。

間違った使い方

 

2013/10/01

(村長)

 

 

「敷居」の意味

敷居(しきい)

 

「敷居が高い」の正しい意味

不義理不面目なことなどがあって,その人の家に行きにくい。

 

【おしらせ】

 ------------------------------------

大阪美術専門学校  総合アート学科  プリントメイキング専攻のオリジナルホームページ「プリメ村」は名称を変更し、2016年4月1日より、新しく「版画工房 B302」としてスタートしました。

なお、「プリメ美術館」はそのままの名称で展示をしています。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 ------------------------------------

版画工房 B302

http://printmaking-bisen.jimdo.com/

 

プリメ美術館

http://purimemura.wix.com/purimemura

 

 

 

 

 

 

 

 

ⓒ 2012 Purimemura